更年期の抜け毛の原因

更年期になると、女性は体の至るところに様々な変化が現れ始めます。
これは更年期に起こるホルモンバランスの変化が原因です。
更年期障害とも言われますが、その中に抜け毛という症状があります。

 

 

そもそも更年期とは?

 

更年期は女性であればほぼ全員がいつかは経験する事です。
年齢とともに体の機能が少しずつ低下して行くのは、老化現象の一種ですが、女性ならではの臓器となる、卵巣や子宮も年齢とともに機能が低下していきます。
多少の個人差はありますが、だいたい50歳前後で卵巣の機能が停止すると閉経となります。
閉経を迎える前後5年間の系10年間を、更年期としています。
更年期に差し掛かると、卵巣から分泌される女性ホルモンの量が減っていくため、様々な障害が現れるのです。
卵巣の機能は28歳をピークに徐々に低下し始めますが、35歳を過ぎると女性ホルモンの減少が加速し始めます。

 

 

更年期の抜け毛の原因

 

更年期に差し掛かるだいぶ前から、卵巣の機能が徐々に低下し始めるため、女性ホルモンの量は確実に減っていきます。
20代ではまだそれほど大きな影響は受けませんが、40代に差し掛かる頃には女性ホルモンの量もかなり減ってきます。
女性ホルモンのエストロゲンは卵巣から分泌されていますが、エストロゲンは髪の成長にも関係している重要なホルモンです。
エストロゲンの量が減る事で、髪の発育にも影響が出るため、抜け毛の原因となってしまうのです。
エストロゲンが減少すると、髪以外にも様々な影響を与えますが、抜け毛や薄毛は目に見える変化なので、自分自身でも抜け毛が増えた、髪が薄くなった、髪にボリュームがなくなったと実感するようになります。

 

 

女性特有の抜け毛や薄毛

 

男性も年齢とともに髪が抜け薄くなるという症状がありますが、女性の薄毛は男性の薄毛とは少し仕組みが違います。
女性の抜け毛や薄毛は、びまん性脱毛症といいます。
エストロゲンの減少により、抜け毛も増えますが、髪自体が細く、1つの毛穴から生える本数も減っていくため、毛が抜け落ちて禿げるというよりも、髪全体のボリュームがなくなり分け目や生え際が目立つようになってきます。
ただし一気に来るわけではなく、徐々に抜け毛が増え薄くなっていく傾向が有るため、年のせいなどを思い込みやすいのも特徴です。
根本的な原因は女性ホルモンの減少による、ホルモンバランスの乱れです。
気付いた頃にはかなり薄くなってしまう事もありますが、気づいてからでも対処する事は可能です。

女性用育毛剤で更年期の抜け毛対策

更年期になると女性ホルモンの減少と、体全体のホルモンバランスが変化するため、抜け毛や薄毛が気になり始めます、多少の個人差はありますが、これは多くの女性が経験する事です。

 

避けて通れない事ですが、対処法はありますから、早い段階から適切な対処をして行く事が大切です、その方法として育毛剤を使うのも効果的です。
更年期に選ぶ育毛剤のポイントを紹介します。

 

 

 

女性ホルモンに注目する

 

更年期前半は閉経が近いため、女性ホルモンのエストロゲンが大幅に減少しています。
エストロゲンは髪の発育に欠かせないものですから、量が不足すればどうしても抜け毛や薄毛が目立ってしまいます。
育毛剤の成分に女性ホルモンとよく似た働きを持つ成分が含まれている物を選びましょう。
育毛剤にも種類はありますが、できれば女性用に開発された育毛剤を選んでください。
女性の薄毛や抜け毛は、男性の薄毛や抜け毛とは少し性質が違います。
このため男性に効果的な育毛剤を使っても、女性はあまり効果を実感できない事があります。
最近は更年期の女性用育毛剤も増えています。
有効成分を多く含む、女性用薬用育毛剤がおすすめです。

 

血行促進と頭皮環境の改善

 

年齢とともに頭皮環境も悪化していきます。
顔と同じように頭皮もケアしてあげないと、頭皮は固くなり、毛穴が詰まりどんどん頭皮環境が悪化し、これが結果的に髪の発育に悪影響を与えてしまうのです。
顔のケアは念入りにしていても、毛髪があるため頭皮のケアは疎かになりがちです。
育毛剤は頭皮環境改善にも役立ちますので、抜け毛や薄毛が気になり始めたらできるだけ早い段階で取り入れて行きましょう。
付ける時には頭皮のケアも兼ねて、頭皮マッサージをします。
頭皮マッサージをする事で血行が促進され、細胞が活性化するので、頭皮が元気になります。
シャンプーの見直しもプラスすれば、毛穴詰まりも解消されます。
スキンケアと同じように、頭皮も毎日ケアしてあげてください。

 

頭皮を保湿する

 

頭皮マッサージにより頭皮の血行が促進されるだけでも、頭皮環境はかなり改善されますので、早い段階で抜け毛が減るのを実感できるようになります。
頭皮にも潤いは必要ですから、育毛剤に保湿成分が含まれている物を選びましょう。
頭皮マッサージで頭皮が柔らかくなり、細胞が活性化すれば、育毛剤の浸透力も高まります。
保湿成分をしっかりと浸透させてあげれば、頭皮環境も大幅に改善され、抜け毛や薄毛も徐々に改善されていきます。

 

 

 

更年期におすすめの育毛剤 ベスト3

 

 

花蘭咲の特徴

血流改善作用の強いエビネエキスをはじめ、13種類の育毛ケア成分を配合。毛根に栄養や酸素をしっかりと送り、育毛をサポートします。

その他、頭皮の炎症を抑える植物エキスや活性酸素を阻害する植物エキスも配合。頭皮環境を整えることで、育毛しやすい頭皮に導きます。

価格 2,400円
評価 評価5
備考 初回限定65%オフ

 

 

 

 

マイナチュレの特徴

育毛ケア成分を約30種類配合。血流改善作用のあるセンブリをはじめ、細胞活性化作用のある海藻エキス、アミノ酸などが豊富に含まれています。

その他、炎症を抑える植物エキス、保湿成分なども配合し、頭皮ケアをサポートします。香料、着色料、パラベン、石油系界面活性剤などのダメージ成分は無添加なので、敏感肌でも安心です。

価格 3,780円
評価 評価5
備考 90日間返金保証付き

 

 

 

 

ベルタ育毛剤の特徴

育毛ケア成分を約50種類配合。そのうち、32種類の成分がナノ化されているので、頭皮にしっかり浸透します。血流改善成分、細胞活性化成分によって育毛をサポート。

その他、炎症を抑えるグリチルリチン酸などの植物エキス、保湿成分、アミノ酸などもたっぷり配合し、頭皮環境の改善をサポートします。

価格 3,980円
評価 評価4
備考 90日間返金保証付き

 

 

 

 

 

更年期の育毛剤選びのポイント

更年期の女性育毛剤選びについて紹介します
男性も女性と同じように中高年になると、抜け毛や薄毛が気になり始めます。
こういう時は育毛剤を使うのも効果的ですが、男性と女性では抜け毛や薄毛の性質が異なります。
男性に有効な育毛剤を女性が使っても、根本的なところが違っているためほとんど効果は期待できません。

 

 

・男性と女性の違い

 

男性も女性も抜け毛の原因は様々であり、原因が複合しがちです。
ストレス、加齢、タバコ、アルコールなど原因もいろいろありますが、男性も女性もホルモンが大きく関係しています。
男性の抜け毛は男性ホルモンに含まれる物質から、発毛や育毛の阻害因子が発生し、抜け毛や薄毛になり、やがて毛根が活動を停止するので、毛が生えてこなくなります。
その結果禿げてしまいます。

 

女性の場合もホルモンが原因となりますが、原因となるホルモンが違う事や、女性の場合は完全に毛が抜け落ち禿げるというよりは、毛自体が細くなりボリュームダウンするので、毛自体は存在しています。
育毛剤を使うにしても、それぞれに原因が異なるため、働きかけも変わります。
これが更年期の女性の薄毛や抜け毛に、男性用の育毛剤を使ってはいけないと言われる理由です。

 

・男女兼用の育毛剤は?

 

中には男女兼用の育毛剤も存在しています。
この場合は抜け毛や薄毛の原因にもよりますが、頭皮環境改善には効果があるかもしれませんが、根本的な原因が違う場合は、男女兼用の育毛剤を使ってもあまり効果は期待できないかもしれません。
やはり男性は男性用育毛剤を、女性は女性用育毛剤を使うのがおすすめです。

 

・女性の薄毛も治療ができる

 

女性が男性用育毛剤を使ってもほとんど効果は期待できませんが、男性の薄毛が治療できるように、女性の抜け毛も治療が可能です。
早い段階で育毛剤を使っていけば、ある程度は改善効果も期待できますが、なかなか効果が得られないような時は、思い切って薄毛や抜け毛を治療してみましょう。
男性と女性それぞれの専門外来でも対応してもらえますし、男女どちらにも対応できる最先端の再生医療を取り入れた治療などもあります。
育毛剤も自分に合っている物を見つけるのは大変です。
自分に合わない育毛剤を使い続けてもあまり効果は期待できませんし、進行していけば女性でも地肌が見えてしまうほどけが抜けたり薄くなったりします。
手に負えない時は、病院で治療をするという選択肢がある事を知っておいてください。
病院で専門的な治療をして、効果を実感している人もたくさんいます。

更新履歴