ウィッグの種類、費用について

薄毛を自然に隠したい、髪にボリュームを出して若く見られたいという方には、ウィッグがお勧めです。ここではウィッグの特徴、種類をはいじめ、作るための費用などについて紹介します。

 

 

 

最近のウィッグは凄い!ウィッグの活用法

ウィッグと言うと、「恥ずかしい」、「ずれたり取れたりするのが怖い」という印象を持つ方が多い用です。しかし最近では、若い人もおしゃれで気軽にウィッグを楽しんでいます。また、昔より自然で、ウィッグをつけていると分かりにくく、つむじの部分も自然な感じになっています。

 

つけ心地も改善されており、圧迫間も少なく、通気性も改善されています。ただ、全くムレないというわけではありません。夏場はどうしても汗等によって蒸れる事がありますが、ネット部分を改善する事でムレにくいウィッグも増えています。

 

 

カラーバリエーションも増えており、自分にあった物を選ぶ事でより自然に馴染んで見えます。
着用してブラッシングすれば、まるで自分の髪のようになじんで、ボリュームのあるスタイリングを楽しむ事ができます。
薄毛に悩んでいるなら、手軽に解決できる方法として、一度検討してみるとよいでしょう。

 

 

ウィッグを作るためにどれくらいの費用がいるの?

ウィッグを作るためにかかる費用は、ピンキリです。
小さめのサイズで既製品であれば、数千円で購入する事ができます。大きめのタイプでも、既製品のものであれば数万円程度で購入できる事が多いようです。ウィッグには頭部全体をカバーするフルウィッグ、部分的にカバーするトップピースがあり、価格も異なります。円形脱毛症やつむじ部分だけを隠す場合はトップピース、頭部が全体的にボリューム不足の場合はフルウィッグを使用するのが一般的です。

 

その他、ウィッグの素材でも値段は異なります。ウィッグには人毛と人工毛があります。人毛の方が値段は高いのですが、熱に強くてドライヤー等を使用する事も可能です。人工毛はポリエステル、アクリル系の化学素材で作られています。熱には弱いため、ドライヤーなどは使えません。ただ、価格は安いため、定期的に買い換えタイ人におすすめです。

 

本当に自分の髪に合った物を使いたいのであれば、オーダーのウィッグがおススメです。ただし、オーダーとなると、費用が数十万円かかることもあります。中には高額な金額を提示してくる業者もあるので、価格についてはシビアに聞く事をおすすめします。その他、通気性を確保したハンドメイドウィッグがあります。夏場のムレによる細菌の発生を抑えたい人におすすめです。

 

また、ウィッグは何らかのトラブルが起こった時のために、2つ購入する事が必要です。ウィッグの手入れはお湯で絞ったタオルでネット部分を拭き取ります。ウィッグは専用のスタンドに置くことで型くずれしないように保管します。フルウィッグの場合はブラッシングも大切になります。