自毛植毛 女性

薄毛治療の一つに自毛植毛があります。年齢と共に毛根の働きが弱り、育毛剤を使用しても薄毛が改善しない場合、自毛植毛は選択肢のひとつになります。自分の後頭部から移植するため、確実に髪の毛を増やす方法です。ここでは自毛植毛の特徴や費用について紹介します。

 

 

自毛植毛の特徴

最近では、植毛というと自毛植毛がメインになっています。後頭部から毛包を採取し、薄くなっている部分に移植します。
この採取された毛包をドナーと呼び、株やグラフトという単位で呼ばれます。自毛植毛の中にも2つの種類があり、FUT法とFUE法と呼ばれています。

 

FUTは、メスを使い、後頭部の頭皮を帯状に切り取り、そこから株を取る方法で、沢山の株が取れるため広い範囲に植毛する事ができます。
しかし、切り取った部分を縫い合わせるため、横にのびる縫合痕が残ります。また、治療後は暫くは痛みが続きます。

 

もう一つはFUE法というもので、パンチで毛包を一つ一つをくり抜くように採取します。それから薄毛部分にホールを開け、毛包を植え込みます。後頭部に白い点の痕が残りますが、目立ちにくいです。最近ではFUEが主流です。術後の痛みも殆どありません。

 

 

自毛植毛の費用と期間は?

植毛にかかる費用ですが、大抵の所が基本施術料とグラフト数に分かれています。
基本施術料には、診察料や検査料などが含まれており、手術料金は実際に何株植毛したかで決まります。

 

1株当たりの手術料金は様々ですが、大抵100株で10万〜15万円の間程度です。一般的に、そう広くない範囲であれば、50万円前後程度、全体的な薄毛を移植して治そうと思うと100万円以上も近くかかることもあります。

 

とても高額に思えるかもしれませんが、一度移植してしまえば育毛剤などは不要です。期間についてですが、一回で済む場合もあれば、面積が広いと2〜3回かかることもあります。

 

麻酔をするため、手術の日は1日見ておく必要がありますが、何度も通院する必要がありません。大抵カウンセリングは無料ですので、気になる方は気軽に申し込んでみるのがおすすめです。