活性酸素を阻害する栄養について

活性酸素

 

●活性酸素の特徴
活性酸素はウイルスや細菌などの病原菌を退治する働きがあります。ただ、この活性酸素が増えすぎると体内に害をもたらします。活性酸素は老化の原因の一つです。若い内は活性酸素を阻害するSOD酵素が体内に豊富にありますが、年齢とともにSOD酵素が減少しはじめます。

 

その結果、活性酸素が血管や細胞などにダメージをあたえます。活性酸素が原因となる病気には動脈硬化や高血圧をはじめ、白内障や糖尿病などの生活習慣病があります。また、活性酸素によって血流が低下すると、肌細胞や毛母細胞に栄養が届かなくなります。その結果、シワやシミなどの肌老化、抜け毛や白髪などの頭皮老化も引き起こします。

 

 

●活性酸素の原因

 

・加齢
活性酸素が発生する原因には「加齢」があります。年齢とともにSOD酵素が減少し、体内の活性酸素画像化します。

 

・紫外線
紫外線を浴びることで皮膚内で活性酸素が生成されます。活性酸素はシミやシワなどの肌老化の原因となります。

 

・タバコ
タバコによって体内には活性酸素が増加。さらに、ニコチンは血管を収縮する作用があり、細胞に栄養が届きにくくなります。

 

・ストレス
ストレスも活性酸素の原因となります。さらに、ストレスはホルモンバランスの乱れや血行不良などの要因にもなります。

 

 

活性酸素を阻害する方法

 

 

●ビタミンC、E、βカロテンを取る
ビタミンA、C、Eには活性酸素を阻害する作用があります。ビタミンCは水溶性、ビタミンA、Eは油溶性です。

 

ビタミンCは水溶性の抗酸化成分です。細胞内、リンパ液などに存在し、活性酸素を阻害する作用があります。イチゴ、レモン、ブロッコリー、パセリなどに含まれています。水溶性ビタミンCは熱に弱いため、食べ物から摂る場合は生で摂る事をおすすめします。食事以外ではマルチビタミンなどのサプリもおすすめです。

 

ビタミンEは油に溶ける抗酸化成分です。そのため、血液中には溶け込む事ができません。細胞膜や角膜などで活性酸素を阻害します。アーモンド、ピーナッツなどのナッツ類をはじめ、大豆油やごま油などの植物油に含まれています。βカロテンも同じく油溶性です。かぼちゃや人参、パセリなどの緑黄色野菜に豊富です。

 

 

●ポリフェノール
ポリフェノールは水溶性の抗酸化成分です。血液に溶け込む事ができます。赤ワインで有名なポリフェノール、緑茶に含まれるカテキンなどがあります。血液中のコレステロールの周りで働き、酸化を抑制します。ココアにもポリフェノールは含まれています。

 

●カロテノイド
カロテノイドにはサケ、カニ、いくらなどに含まれるアスタキサンチンをはじめ、トマトに含まれるリコピンなどが有名です。油に溶ける油溶性の抗酸化成分で、細胞膜や角膜で活性酸素を阻害します。LDコレステロールが酸化するのを抑制します。

 

ビタミン類、ポリフェノール、カロテノイドを日頃から意識して食事に摂り入れる事が非常に大事です。食事で摂るのが難しい場合、マルチビタミン、アスタキサンチン、リコピンなどのサプリメントを摂取することで、抗酸化成分を摂取することが可能です。